フレデリックコンスタント カレ オートマチック ハートビート FC-310MN4S36 正規品 機械式(自動巻き) メンズ 腕時計:アルキメデス・スパイラル - b0dda

2019-09-12

フレデリックコンスタント カレ オートマチック ハートビート FC-310MN4S36 正規品 機械式(自動巻き) メンズ 腕時計
ギフト対応


2018 NEW MODEL

日本限定カラー

スイス伝統のレクタンギュラー(長角型)ケースに、クラシカルなローマンダイアルで人気。フレデリック・コンスタントの看板コレクションのひとつ。
カレ


フレデリックコンスタントの顔ともいえるカレ オートマチック ハートビートがリサイズして登場。縦33.3mm、横30.4mmのケースはジェンダーレスなサイズ感なので、カップルでシェアすることもできるはず。

全体のデザインはクラシカルにまとめているので、主張しすぎない機械式時計をさりげなく楽しみたい方におすすめです。


FREDERIQUE CONSTANT - CARREE AUTOMATIC HEARTBEAT- FC-310MB4S36


ムーブメント:FC310(自動巻き)
ケース:ステンレススチール
風防:サファイアクリスタルガラス
サイズ:(ケースたて)33.3mm×(ケースよこ)30.4mm×(ケース厚)約10mm
ストラップ:カーフ(クロコ型押し)
防水:3気圧防水
カレンダー シースルーバック

*SSブレスのモデルもあります。

ハートビート

フレデリック・コンスタントのブレークのきっかけになったのが、「ハートビート」と呼んでいる、機械式時計のテンプまわりを視覚化させている機構。言うまでも無く機械式時計はぜんまいの力で動いているわけですが、1日に数秒のプラスマイナスという精度を出せているのはこのテンプのおかげ、隣接するパーツを含めて調速機構とも言い、文字通り機械式時計の心臓部です。

今ではフレデリック・コンスタントのアイコンともなっているこの機構は1994年に発表されました。同社が意匠権などの知的所有権登録をしなかったため、その後、他ブランドのフォローを許したのは業界では有名な話。

ただダイアルをカットしただけのように見えますが、「テンワ」(バランスホイール)を見せるにはムーブメントの土台となる「地板」(じいた)にも穴を開けなければなりません。強度や精度に影響を与えることなく地板を美しく完全な円形にカットすることはフレデリック・コンスタントの技術力の証明にもなっているのです。

マニュファクチュール

ほとんどのスイスブランドは、ムーブメントをムーブメントメーカーから仕入れて自社ブランドとして製造し、自社でムーブメントから製造するマニュファクチュールは数社しかありません。

フレデリック・コンスタントは2004年に自社ムーブメントを発表しマニュファクチュールブランドの仲間入りを果たしました。そして2010年には自社ムーブメントによるトゥールビヨンをリリース。

新しいブランドで自社キャリバーを持っているブランドというのは極めて稀なケースです。

COLLECTION LIST

  • クラシックマニュファクチュール
  • パスエーション
  • カレ
  • アールデコ
  • クラシック】スリムライン
  • インデックス


イクスピアリ(R)直営腕時計専門店

サブコンテンツ

このページの先頭へ