パナソニック 還元水素水生成器 TK-HS92-S シルバー 【送料無料】【KK9N0D18P】:激安家電販売 PCあきんど楽市店 - 08c4f

2020-03-09
カテゴリトップ>生活家電>整水機/浄水器
パナソニック 還元水素水生成器 TK-HS92-S シルバー 【送料無料】【KK9N0D18P】送料無料沖縄離島へのお届け不可

■7枚電極で「水素」をたっぷり生成&表示
生成した水の「水素濃度」※1の目安※2を表示

■生成準備中に水のチカラの変化が見える
「ORP値※1(水がものを還元させる電気的エネルギー)」の目安※2を表示

■JIS指定13物質※3+6物質※4を除去
業界最高※5レベルの高性能浄水カートリッジ、交換目安約2年

■生成水質:8つの水
■水信号:○(5色液晶バックライト)
■水素チャージ:○(3段階)
■電極(電極枚数):○(7枚)
■音声ガイド:○
■水切換レバー:○(泡沫原水ストレート、泡沫シャワー付)
■液晶表示:○(フルカラー液晶)
■水素レベル表示:○(水素濃度目安表示)
■ORP表示:○
■アルカリ強機能・強酸性機能:○
■高酸度モード:○
■排水カット(浄水モード時):○
■つづくモード:○(自動)
■医療機器認証番号:229AKBZX00080000
■定格:交流100V 3.5A 50-60Hz
■消費電力:約270W(待機時:約0.7W)

■本体
・寸法:高さ33.8×幅19.5×奥行14.2cm
・質量(満水時):約5.4kg(約5.9kg)

■給水仕様・接続:水切換レバーによる接続(3段切換式)
■本体使用水温:35℃未満(水切換レバーは80℃未満)
■本体使用可能水圧(動水圧):70kPa〜350kPa
■使用可能配水管圧力(静水圧):70kPa〜750kPa

■電解
・電解方式:連続電解方式
・吐水量(生成水流量):2.3L/分(水圧100kPaの時)
・排水比率の目安(100 kPa時):16:1※1(標準モード、電解弱めモードの還元水素水レベル1〜3時)
・電解能力切換:還元水素水:5段階 / 酸性:2段階
・連続使用可能時間:常温時約10分間※2
・電極材質:白金コーティングチタン
・電解槽使用限界時間の目安:累積約850時間(イオン水生成時間・洗浄時間のみ)
・電解洗浄:オートクリーニング方式

■浄水吐水量:2.5L/分(水圧100kPaの時)
■ろ過流量:2.5L/分(水圧100kPaの時)

■浄水能力
・遊離残留塩素:12000L※2※3
・濁り:12000L※2※3
・総トリハロメタン:12000L※2※3
・クロロホルム:12000L※2※3
・ブロモジクロロメタン:12000L※2※3
・ジブロモクロロメタン:12000L※2※3
・ブロモホルム:12000L※2※3
・テトラクロロエチレン:12000L※2※3
・トリクロロエチレン:12000L※2※3
・1,1,1-トリクロロエタン:12000L※2※3
・CAT(農薬):12000L※2※3
・2-MIB(カビ臭):12000L※2※3
・溶解性鉛:12000L※2※3

■上記以外で除去できる物質
・鉄(微粒子状):○※4
・アルミニウム(中性):○※4
・ジェオスミン(カビ臭):12000L※4
・フェノール類:12000L※4
・ベンゼン:12000L※4
・四塩化炭素:12000L※4

■ろ材(カートリッジ)の取替(交換)時期の目安:約2年間(1日15L使用時)※5
■ろ材の種類:不織布 / 粒状活性炭 / セラミック / 粉末活性炭 / 中空糸膜
■電源コードの長さ:約2m
■ホースの長さ:給水ホース:約0.9m / 排水ホース:約0.6m

■付属品:浄水カートリッジ1個, グリセロリン酸カルシウム製剤1袋, pH試験液, 水切換レバー, 固定具セット

※1 高酸性度対応、水素チャージ、弱酸性水、還元水素水強1、強2を使用の際は、5:1または2:1になります。
※2 水質・使用環境によって短くなることがあります。
※3 JIS S 3201の試験法で規定された除去対象物質。濁りはろ過流量の50%の値、その他の物質は除去率80%の値。
※4 浄水器協会(JWPA)で定められた規格基準(JWPAS B基準)に従った試験による除去率80%の値。なお、鉄(微粒子状)とアルミニウム(中性)は浄水能力を規定しているものではありません。
※5 たとえばTK8051で1日30L使用した場合、カートリッジ交換目安は約1年。それ以上使用した場合、1日60L使うと、ろ材使用限界は約半分になります。また使用水量・水質・水圧によって大幅に短くなることがあります。

■商品の特長・仕様に関する詳細はメーカーホームページでもご覧頂けます。

代引き手数料無料・送料無料・延長保証申込可

サブコンテンツ

このページの先頭へ